結婚式のために髪を伸ばす?

「結婚式」は、長い人生の大切な節目になります。
そのとき、和装を取り入れる人も多いのではないでしょうか。
ふだん、着物を着る機会が少ないだけに、感慨深いものがありますよね。
なかでも「打掛」はぜひとも着てみたいものです。
ただし、そのためには、着物に合ったヘアスタイルが課題になるかもしれません。
伝統的な髪型として「文金高島田」があり、このヘアスタイルにするには、長い髪が求められます。
さいわい、かつらを利用することで解決できるので、ショートヘアの人も大丈夫です。
また、いろいろなヘアスタイルが増えているため、ヘアメイク担当美容師と相談するとよいでしょう。
それでも、髪が長いほうがいろいろなヘアスタイルが楽しめます。
これは、ウェディングドレスを着たときでも、いえるのではないでしょうか。
もし、ヘアスタイルに迷ったときは、美容院で働く友人などに相談する方法もあります。
状況が許すのなら、結婚式のヘアメイクをお願いしてもよいですね。
ある程度の年齢になると、友人の結婚式に出席する機会が増えてきます。
結婚式に出席したときに新郎新婦の衣装を覚えておくと、自分が結婚式を挙げるときの参考になるかもしれませんね。

jimmy

View more posts from this author