国内線でも機内食にこだわりたい

飛行機で長旅をする場合、機内食の提供を受けることが少なくありません。
一方、東京や大阪から熊本へ向かうなど、国内線の場合はどうでしょうか。
もし、ご当地の名産品などが機内食に出てくると嬉しくなりますよね。
ANAサイトによると、プレミアムクラスを対象にして、時間帯に合わせた多彩な食事メニューが用意されているようです。
また、普通席では無料ドリンクと有料ドリンク・スナックサービスが利用できます。
ちなみに、ANAでは機内への飲食物の持ち込みは可能です。(注意事項あり)
ほかの航空会社の情報も気になりますよね。
航空会社で予約する前に、きちんと確認することをおすすめします。
なお、ネット上には熊本発着便を利用した人による、機内食の画像が掲載されています。
利用した航空会社名の掲載もあるため、参考にするとよいかもしれませんね。
飲み物には、紙コップ(フタ付きの場合も)や紙パックジュースが多いようです。
個包装のクッキーが1個付いている写真にも注目です。
別の情報では、JALの機内食「エアくまもん」が過去3回登場したことがわかりました。
こういったユニークな機内食があると、空の旅が楽しくなりますよね。
「エアくまもん」の復活を密かに願いたいと思います。

jimmy

View more posts from this author